Nゲージ「鉄道模型レイアウト」作成

Nゲージ「鉄道模型レイアウト」作成_TOPイメージ

1 週間 SL鉄道模型 No.001

週間 SL鉄道模型

 SLの名前とターンテーブルを作るNゲージジオラマで、魅力を感じて購入しました。
 まだ、車両の写真を取っただけで、詳しくは見ていませんが、
最初に作った、Nゲージレイアウトをきままに作りすぎているので、こういった物を参考に作成してみても良いかなとか思っています。

週間SL鉄道模型No.001付録

冊子に、車両の詳しい内容が載ってないです。
実車写真は、蓄電池機関車の類似車両でしょうか?
しかも、メイン車両がSLではなく、蓄電池機関車です。
納得いかないのですけれども…
50週購入全員にプレゼントで、SLのプレゼントです。
逆じゃないのかと(題名がSL鉄道模型なのに…)

週間SL鉄道模型No.001付録2

車両は好印象です。
前回作成したジオラマに乗せてみました。
軽いのでレールには乗せるのに苦労しましたが、結構良いなと思います。
車両を走らせるのは、34号だそうです。そこまで待つのは長いです。

里山交通 BD2012形電気機関車を調べて見ました。

鉄道コレクション第1弾の名古屋鉄道デキ104からパンタグラフを外し、塗装を変更した物らしいです。
(鉄道コレクション1、1箱\420で販売されていました)
(鉄道コレクション凸形電機/貨物列車セットA[3両セット]\1890 )


名古屋鉄道デキ100形電気機関車(直流600V用凸字形電気機関車)は、名古屋鉄道(名鉄)の前身、旧・名古屋鉄道が新製し、4両が存在していました。

名古屋電車製作所で、1924年(大正13年)2両(デキ101・102)
1926年(大正15年)2両 (デキ103・104)製造されています。

製造年により寸法・台車・主電動機が異なっていました。
車体の中央にある扉は荷物用のドアで、電動貨車的な使われ方もされていましたが、1500V用に改造された際、荷物室に抵抗器/コンプレッサーなどを設置したため、荷物運搬は行われなくなりました。

101・102は1965年(昭和40年)103は1966年(昭和41年)104は1967年(昭和42年)に廃車されました。
台車は3730系に流用されています。

小梅線、SL時代の車両
1972年まで、C56形蒸気機関車が運行されていました。
後期は貨物のみで、1973年DD16が貨物列車の牽引を引き継がれます。
客車は、オハフ45や、オハフ61などが使用されていたようです。

週間SL鉄道模型 No.002>> TOP